それで、気がついたらおばあさんになってるの。

ふつうという感覚が分からなくなる。
というわけで、自分のふつうを疑ってみる。
・・・そんなわけねーッつーのッ。
わたしがわたしのふつうを疑ってどうするッつーのッ!!?


好きという気持ちがいちばんだ。
条件じゃなくて、たのしいということとか。

一緒にいると、たのしい。
目をそらすことが、できない。

考えなくても、ちゃんとわかる。
わたしの心にきいたら、わかる。


そうそう、着付けの先生(だんな様は87歳だそうだ)が
「結婚はぜひしなくちゃだめ!」とおっしゃってた。
その理由は、年をとったときのはなし相手が必要だからだって。

お話をしていてたのしい。
なんてすばらしいことだろうと思った。

時間も忘れて、ずっとずっとずっとお話していたい。
朝も夜も、夏も冬も。
それで、気がついたらおばあさんになってるの。


いつでもそれが、たどり着く答え
いつでもわたしの写真はぶれるのです
b0022951_1642481.jpg

by satoeolive | 2013-04-16 16:08