<   2013年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

透明感をテーマに、「ッ」と「(笑)」をそこかしこに置いてみる試み。

今日のつれづれー。徒然、というより本音。
「ッ」と「(笑)」をそこかしこに置いてみる試み。


透明感のあるセンスが羨ましくて羨ましくて震えています・・・ッ。
おしゃれって羨ましいわーッ。

この際全部全部ぜーんぶ、白くしたろーかッ!!!真っ白になッ(笑)!!!
透ッ!明ッ!感ッ!!

オレ、頭抱えちゃうよーッ(笑)

生活感とかね、もう憎しみに近いのでッ(笑)
それから、公表したら作品だからッ(笑)

ふーッ(笑)!!!


あれれ?・・・もしかしたら、わたしできるかも。透明感。
がんばれそう♡


次回は「www」と「\(^o^)/」を置いてみる試みに挑戦します。
いいの、キレイ売りは大失敗でいいのッ(笑)!

b0022951_9455869.jpg

by satoeolive | 2013-08-27 09:48 | 試み

週末のメモ

金曜日は「カメリアショー2013 エキゾチック・キャバレッタ」を見に行った。
代官山。
カメリアさんはなんだか神憑り的と思う。

そして、手法として選んでいるのが体を使った表現ということがすごいと思う。
クラスのお友達にもあえてうれしかった。

土曜日。
アトリエでお絵かき。
背景とビンのキラキラ感と光の調整ができたら終わりにしよう・・・
てゆうか、できるまでは終われないってこと。

夕方、はじめて吉祥寺のいせやに行った。
勢いのある感じがアジアっぽかった。たのしかった。


日曜日は鎌倉へ行った。
小町通りは賑やかで楽しかった。
美術館。
それから、海まで少し歩いた。


道に咲く花と黒い蝶。
b0022951_16294576.jpg


 
 





 
 










b0022951_1630520.jpg

















海まで歩いた。
b0022951_16344332.jpg
















夏はもう終わりに近い。
b0022951_1635058.jpg















サヨナラ。
人生は長く、変化がある。
b0022951_16352297.jpg

by satoeolive | 2013-08-26 16:36

作品展を見たことについてのメモ

日曜日、神奈川県立近代美術館へ行ってきた。
会期終了間際の「松田正平展」を見てきた。
出展作品数が多かった。すてきだった。

戦前から戦後に描かれた作品の退廃的で厳しい印象から、
80~90年代の作品のやさしい視線、ユーモアのある感じへの変化が。

わたしは「変わってゆく」ということにとても感動した。

「なんということ!」とおもう。衝撃的で。
長い長い人生の中で、変わるということとか。
時代をいきるということとか。

80年代に描かれた「笛吹き」という作品やバラの作品が好きだなって思った。



図録にはこう書いてありました。

太平洋戦争間際、採炭夫として働いていた松田正平は、
その通勤途中に偶然目にした、道端に咲く野バラの美しさに引き付けられます。
それは取り立てて目を引くような特殊なバラではなかったと後に述懐していますが、
この世からすべての花が絶えてしまったかのような戦争中のさなかに見た
名もなきバラの可憐な姿は画家の心に鮮烈な印象を残しました。



それから、別館で開催されていた野中ユリ展にも寄った。
透明でおしゃれな感じにあこがれる。
あの感じ。一部の人が得意とする透明感。
たぶん一生かかってもわたしには習得できまいという予感がしています。


b0022951_1641499.jpg




















b0022951_16412680.jpg




















b0022951_1641411.jpg

by satoeolive | 2013-08-26 16:17

思考の流れ/窓の外には緑が。

上野の韻松亭で食事をした。
明治の文豪みたいだって思った。まったくの想像ですが。

これまで上野公園は美術館以外に用事がなかったので、
午後18時以降のそこは初めてかもしれない。たぶん。
思っていたよりも、ずっとずっといいなって思った。
大きな木がたくさんあって。


徒然に考えたこと。
表現の手法として、
そう。「手法として」選ぶものはなにか。
表現の。


カメラで撮影したものには見たくない現実まで写っていた。
記録の手段として用いられるくらいだし、当然なのだけれど
実にシビアだと思う。現実に対してシビア。

「わたしの目は」美しいと思ったものだけ見ているか、
または見たものの中から美しいと思ったことを選んでる。
それを表現したりする。

「わたしの目は」抜群の観察力を発揮するときもあれば、
全くの節穴かと思うこともある。


本当に見えていないのか
見たくないものは見ないことにしているのか、では違う。

見なかったことにできるのも
強さといえば強さだし、弱さといえば弱さだろう。

見たくない現実。でも絶対的にそこにあるもの。
たとえば別れの予感とか。


怒った顔が最高にセクシーなひと。
窓の外には、緑が。


そぎ落とすということのすべて。


b0022951_17182681.jpg
















b0022951_17191679.jpg















b0022951_17185547.jpg

















b0022951_17201274.jpg

by satoeolive | 2013-08-23 17:21

手法/恋のこと

この前、親友とおしゃべりをしていて、
「恋愛で傷つくことなんてないと思う」って話していたのだけれども。
続き。

親友は「相手を傷つけてしまったときに、自分も傷つくことがあった」と話した。
わたしは、同感だといった。
わたしもかつて、相手を傷つけてしまったと感じて、自分も傷ついたからだ。
それ以来、わたしの恋の相手は心の強い人ばかりだ。
もしくは、わたしに傷つかない人。

それが、わたしの恋愛道において正しいかどうかは一向に謎だが。



なので先日、ボーイフレンドとケンカした。
わたしは滅多なことでは誰かとケンカとかしないのですが?
相手の心が強すぎた。



わがままをいうとか
怒ってものを投げるとか
人の話を聞かないとか
なんなの??
子どもじゃないっツーの。

初めて会った。こんなにわたしに似てる人。

by satoeolive | 2013-08-19 16:06

手法/夏の夜明けについて

週末は2:30に起きて夜明けの写真を撮りに行った。
先週下見をした、あの公園へ。

早起きというには丑三つ時過ぎると思った。
夜は、なかなか明けないと思っていたけれど、
空の色に変化が起こると、止まることはなく次々と変化を続けた。



しずか。そして広い。水平と垂直と斜め。
遠くに見える森。
蓮の夢のような花びらの色。
向こうに射す光について。

オアシスというテーマに沿っているだろうか。



5時前から始めた撮影は、7時過ぎに終わって
それから、朝ごはんを食べて帰った。


b0022951_15225095.jpg















b0022951_15244461.jpg

by satoeolive | 2013-08-19 15:28

手法/夏の暑いことについて。

今年の夏の暑さは例年になく、厳しい。

先週の木曜は、葛飾区にある水元公園に行ってきた。
6時過ぎにおうちをでても、ついたのは8時前。
遠いなあって思った。

2時間くらいお散歩をしたけれど、Tシャツが重くなるくらい汗をかいた。
学生時代の夏休みのようだ、と思った。



次のことをしたいけれど、それには少し、ほんの少し足りていません。
そんなときこそ、こつこつ積み重ねを。

今していることをステップにして、次のこと/新しいことに挑戦したいのです。
もしかしたら、次のステージでも同じような壁に、
もしくは全く予想がつかない壁に当たったとしても、それでもいい。

何もしないよりは、わたしはそちらを選ぶと思う。



光っている水面に、すいすい飛ぶトンボ
汗を吸った重たいTシャツ。

通りぬける風。
バス停を探して歩く、夏の早朝。

自分の背のより高いひまわり。

脱ぐことができない空気
熱のあるアスファルト
焼けてゆくわたしの腕。

渇くくちびる
素顔。
視線に力がない夏なんか、いらない。



わたしは、好きと思う人の尊敬に値するような美意識や世界観に影響されたい。

その美意識や世界観を待ってた。
絵を描き続けていた、ずっと。

by satoeolive | 2013-08-19 14:45

夏の徒然

週末に実家に帰った。2週間ぶり。
近所の日産スタジアムではこの時期毎週のようにイベントがあって。
人が混みすぎていて、昨日はJRに乗れなかったので久しぶりに歩いて帰った。
暑かった。

庭の手入れをしている母とテレビを見ている父。
私の姿を見つけて吠えるレオ。
すべてがいつも通り。

妹も帰ってきて家族で夕ご飯を食べた。
オシャレでもなく、豪華でもなく、でも美味しかった。

それから和花ちゃんと弟と義妹が遊びにきて一緒に花火をした。
和花ちゃんは生まれて初めての花火が怖くて、ずっと弟にしがみついていた。

昔のようだ。と思った。
懐かしい火薬のにおい。

昔のように家族がそろって花火をするときがくるなんて。
両親と兄弟達と、一緒に。



わたしは、子どもの頃の夏休みを懐かしく思い出している。

花火やプールやセミを捕る網、かご。
絵日記や、宿題。
図書館。

スイカ。扇風機。
涼しい風が吹く夜の庭。

おじいさんの夏着。
おばあさんのムームー。
遊びにくる従兄弟たちのにおい、おばあさんの姉妹の優しいこと。

海水浴に向かう車に酔うこと。
パパの水着や、ママのピンクの帽子。

全部鮮やかに思い出せる。
いつか。
いつか、と考えて耐えきれなくなってやめる。


自由で透明な夏の、あれはどこだっただろう。
思い出した、城だわ。

b0022951_144553.jpg

by satoeolive | 2013-08-19 14:07

歌のメモ


YO!YO!DOSHIYO!
今日のオレはやる気ゼロ!
マイクを渡せよ(Check it out YO)

明日のWebExの準備をしていたら♪
気が付いたんだぜ、驚愕の事実!

ハンディカムのACアダプタが行方Fu-may!
オレのデスクはジャングル大帝!たいていのものは行方Fu-may!

オレ速攻!必死のSo-saku隊!
いや、でもこれ、ねーだろ、どーみても!

周りのヤツをうたがうオレ!
疑り深さ、地元じゃ最強!
ガキの頃から地元じゃ最強!

記憶のスイッチON!
思い出したぜ!一か月前のイベントで撮影した時のことを!

さすがTEN-SAI冴えてるぜ!
やる気はゼロでもTEN-SAI Oh YEAH♪

カフェテリアの備品庫怪しいぜ!
イベントが終わったあと♪
ハンディカムのACアダプタ wo ♪
延長コードの山の中に放り投げた気がするぜ!

オレ速攻!備品庫So-saku隊!

ここでTO-JO!MARUTA-san!
YO!YO!調子どうだい?

備品庫開けてYO、いますぐに!
鍵を貸してYO、Check it out YO!

延長コードの山の中!
発見したぜ、ACアダプタ!

ここでHOHO-EMU!MARUTA-san!
一緒に探してくれて、マジ感謝!


YO men

YO!YO!DOSHIYO!
今日のオレはやる気ゼロ!
マイクを渡せよ(Check it out YO)

by satoeolive | 2013-08-06 18:08

週末のこと

金曜日の夜は、渋谷へ。
大人な方々に仲間に入れていただいた。

美しいって素晴らしいなとおもう。

土曜日は、アトリエ。
長いこと絵をかいていれば、納得のゆくように描けないことも当然ある。
この日は、まさにそうだった。

道具のせいかしらと思ってみたり。
疲れていたのかも。特に睡眠不足はNG。

しかしこれがなければ見えないことがたくさんあったかも。
こういう日がなければ次の大切さがわからなかったかも。


午後はお友達のおうちで
「ワインに合うおもてなしごはん」を習った。

夜は渋谷。


いろいろかぶせてくるなあ。

by satoeolive | 2013-08-06 14:54