人気ブログランキング |

<   2013年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

春のこと vol.9 依存

足元が冷たい砂漠のようだ。
砂漠になんて行ったことないけれど。

スパイになれたらいいのにな。
そしたら50%の信頼も0%にリリースできる。
どんな言葉も。

「もっと呼んで」なんて言わないでほしい。
呼べないよ?

「大丈夫だよ」なんて言うひとを。

白い建物の輪郭。
うすいガラスなんてすべて割れてしまえばいいのに。

だって依存したらどうするの?

b0022951_1310194.jpg

by satoeolive | 2013-03-27 13:25

春のこと vol.8 今年の桜は満開になった。

わたしはあと何回、桜を見られるだろうかと思う。
だれと、どんな気持ちで。
いずれにしても毎年の桜を大切な思い出にしたいと願う。

今年の桜は満開になった。
予定していたお花見の日程よりもだいぶ早く。


にちように近所の桜を見にでかけた。
いつも電車の窓から見ていた川沿いの桜。
この電車を使う春は今年で最後と思うので、うれしかった。

川に傾く枝が長くて驚いた。
見上げたら、幾重にも枝が重なっていて遠すぎて、めまいがしそうになった。


むせるような菜の花のにおい。
地上からとおい、満天の桜。

さらに遠くにみえる未来の雨を予言する月。

雲が流れて月を隠す。
わたしが隠れる。

ほとんど白の桜の色。
ほとんど白のくちびるの色。

b0022951_1245350.jpg

by satoeolive | 2013-03-27 12:45

春のこと vol.7 日曜日

2013.03.24
夜明けの時間に六本木を出て、いちどおうちに帰って着付けのお稽古へ。
寝てなくても、大丈夫。

着付けも楽しいけれど、先生がステキ。
80歳に近いと思われる方なのだけれど、元気が一番ですよっておっしゃる。
本当にその通りと思う。



それから、ランチの約束があったので松濤に行った。
のんびりお食事をした。ワインも。



夕方は高井戸で桜をみた。
ぜいたくだなあ、とおもう。
いいのかなあと。

わたしが、なにか
そうではなくてどこか、またはだれか
たくさん与えられたらいいのだけれど。
もしくはすこしづつでも。



会話や伏せた目とか。
あたらしい状態を指して恋と呼ぶとして。
逆にずっと昔から知っていたような感覚を情熱と呼ぶ。
心拍を感じる距離や肩。

あたらしいということと、なつかしいということが均衡を保つ恋はまっすぐだ。
そして恋以上ではないとおもう。どうするの?
あしたがおしまいの日だとして、もとめてどうするの?



一瞬を切り取る技術と視線。
わたしは間違うことなく美しいものが好きだ。

b0022951_16562816.jpg
















b0022951_16564544.jpg


















コーヒーがラブになった。
b0022951_172825.jpg

by satoeolive | 2013-03-25 17:02

春のこと vol.6 週末のこと アートナイトとか。

土曜日は、早起きしてアトリエへ。
先々週の作品展が終わったばかりだけれど
新しい作品について考えたりした。

今度は青い色をたくさん使いたいと思う。
どこまでも青い色。黄色と紫色
わたしたぶん情熱を描きたい。



それから午後は自宅の近くをお散歩。
クリーニング屋さんに行ったり、パン屋さんに行ったり、
桜を見たりした。
お仕事を少ししたり。



深夜は六本木アートナイトに行った。
なにかを作るっておもしろいと思うけれど、
参加型の企画はもっとすてきと思う。

たくさん写真を撮ったりした。

展望台から東京の夜景を見たり、夜明けを見たりした。
わたしが、東京に住んでいて自由で元気だからできること。
貴重な体験だし、恵まれたこと。

一緒にいてくれたお友達にも、ありがとうって思う。

アートナイトの写真(1)深夜から夜明けまで

アートナイトの写真(2)ラブにまつわることばの展覧会


モチーフがたくさん。
b0022951_15311822.jpg
















静物画を描こうと思う。
b0022951_15305215.jpg
















船の一部。
b0022951_1532273.jpg
















逆転の天体観測。
足元には星。
b0022951_15332262.jpg
















いつになくしあわせ。
b0022951_15334211.jpg

by satoeolive | 2013-03-25 15:37

春のこと vol.5 無題

3/17,2013 -sun

今年の目標のひとつ、着付けの初回のお稽古。
練習のためにもお着物でお出かけする機会を増やしたい。
習うより、慣れることかもと思うから。
一緒にお稽古をする方がいるのは、やはり心強いことと思う。

お稽古の後は、表参道に行って、それから渋谷まで戻ってランチ。

それから、電車に乗って鎌倉までお出かけした。
春の海を、みた。
できるだけたくさん海をみられるといいなって思う。

そんな気がしてる。

高くに見える鳥たち、空と水を分けるグレーの線。
青い服と、ベージュのワンピース。くしゃくしゃの髪の毛。

閉じてゆくもの。
駆け落ちについて。


どうしてもうにどとあえないかもしれないっていうの?
理解ってどこまでひつようだとおもう?
b0022951_12618.jpg














b0022951_12255952.jpg
















b0022951_12265974.jpg

by satoeolive | 2013-03-18 14:00

春のこと vol.6 初回のデートでカレーはありか。

土曜日は、仲間たちとボーリングした。
40人くらいで盛大に。
わたし、ボーリングが上手になったかも。

その後はもちろんカンパイした。
そこで話題になったのは「初回のデートでカレーはありか?」

ようやく初めてのデートの約束をすることができた男子。
「で?どこいくの」と聞いたところ
「カレー屋。」との回答が返ってきたことに端を発して
その場は騒然となった。

たしかに口説こうと思ったらカレーは難しいかなと思う。



週末はのんびりしたいなって思っていましたが、結局遊び倒した・・・。
筋肉痛がはじまっています。

金曜日の朝から日曜の夜までのほぼ3日間で自宅にいた時間って、本当に少ない。
睡眠くらい。

引っ越しは必須と思うけれど、条件を考え直す必要はある気がする。
春だなあ。。。


イチゴをたべました。
春だなあ。。。
b0022951_149576.jpg

by satoeolive | 2013-03-18 13:59

春のこと vol.4 鮮やかな日常

先週末の作品展に来て下さったみなさま、ありがとうございました。
また、未熟な作品たちであるにもかかわらず、暖かいお言葉をいただきました。
絵画を続けていてよかったと思います。

でもわたし、全然納得していません。
もっと表現したいです。

そして、絵を描くことで世界がかわって見えるくらいのインパクトを
できるだけたくさんの方に伝えて行けたらと思います。
そういう仕事をしてゆこうと考えています。

道は長い。
これからもお絵描き道を邁進してゆく決意をしています。


霞んでゆく空、春の嵐。春の。
軽いコートの裾が大胆に翻る瞬間。

すれ違う空間、そして残る気配。
わたしの手の中に残るのは、切ないくらい鮮やかな日常。



b0022951_19304153.jpg

by satoeolive | 2013-03-12 19:35

春のこと vol.3 駆け引きもないけれど、私たちはまた振り出しに戻るの。

3月3日。日曜日

早起きして銀座へ。
お友達と大黒屋ギャラリーで開催されていた作品展を見に行った。

現役を引退された方々が、一生懸命に描く絵。
表現への情熱とか。

歴史上には残らなくても、わたしはとてもすばらしい作品たちと思う。
その方の性格や見てきたものが凝縮されている感じがして、圧倒される。
どの作品にも愛があって感動する。

この週末は子どもたちの絵や、年配の方々の絵を見て過ごせて幸せだった。


b0022951_14484795.jpg


















やわらかに明るいグレー。
厭世的になって、でも傷つかず冷たいこともなく淡々と過ごす。
いまの肖像。

わたしへのサインしか受け取りたくない。
本当はそれも見逃したい。

そう。
駆け引きもないけれど、私たちはまた振り出しに戻るの。

by satoeolive | 2013-03-04 14:53

春のこと vol.2 ひな祭りのことなど

3月2日。

いい天気。
まばゆい日差し。
いつまでもこうして電車に揺られながら本を読んでいたいなって思う、朝。

春の時間。


早起きして川崎国際センターへ。
アトリエのこども達の作品展に行った。
こども達の作品は大胆で好きだ。色も構図も。

b0022951_2138360.jpg

















b0022951_21491410.jpg













b0022951_213844100.jpg

















それから実家へ。
家族とおひるごはん。
姪のひな祭りのお祝い。

ひな祭りの時期は、ふんわりと幸せだ。

クレヨンを買い与えた。
早く彼女とお絵描きをしたいから。

b0022951_21432419.jpg



















b0022951_21441181.jpg

by satoeolive | 2013-03-02 21:51

春のこと vol.1  時間について

3月になった。
少し切なくて、明るい灰色の優しいこの季節がわたしは好きだ。
春本番へのカウントダウンが始まりました。

時間がたつのが、あっという間。
いったい、わたしは何をしてたのかしら、とおもうくらい。

ずっと一緒に暮らせると思っていた家族も
ずっと一緒にいたいと思っていた恋人にも
本当は時間に限りがあって、
その瞬間瞬間の連続は、偶然に続いている奇跡に近いこと。

その中で、仲良くもすればケンカもする。
それはとても正解だと思うし、それでいいと思うけれど、
奇跡に近い毎日は大切に過ごすべきなんだなって思う。
すべてが大切な時間、忘れがちだけれど、そう。

どの瞬間も。

すべてをいちどに失うことがないように
すべてをいちどに得ることもない。
逆も、ある。いつもおなじ。

希望と可能性。
いまは、少しだけ優しくいたいと思います。

by satoeolive | 2013-03-01 13:22